About



English Version

佐々木 新平


東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団アソシエイトコンダクター

秋田県出身。東京学芸大学芸術文化課程音楽専攻を経て、 桐朋学園大学にて指揮を専攻。
これまでヨーロッパ各地の国際指揮マスタークラスに選抜され、J.パヌラ、H.アンドレシュク、M.ストリンガーに師事。特にパヌラ氏のマスタークラスには度々選抜され、2012年には成績優秀者として北オランダ交響楽団を、2013年には世界遺産エスコリアル修道院での演奏会を指揮した。

2010年より2年間、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団指揮研究員をつとめ、飯守泰次郎、矢崎彦太郎両氏をはじめとする指揮者のもとで研鑽を積んだ。在任中はアシスタント業務のほか文化庁公演をはじめ数々の公演を指揮する。
2013年からミュンヘンに留学。ドイツを中心にヨーロッパ各地でさらなる研鑽を積んだ。

コンサート以外にも、2015年1月公開の映画『マエストロ!』では、撮影前の準備段階から制作に携わり、西田敏行氏への指揮指導のほか劇中音楽収録の指揮も担当する。2016年12月公開の映画『海賊とよばれた男』ではメインタイトルほか劇中音楽を指揮する。また安倍なつみのアルバム「光へ-Classical&Crossover」のミュージックビデオでの指揮を担当するなど、多方面に活動の幅を広げている。

これまでに東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、山形交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、東京混声合唱団、東京佼成ウインドオーケストラ、東京吹奏楽団、シエナ・ウインド・オーケストラ他を指揮。

Twitter

*上記プロフィールの無断転用は固くお断りしております。使用をご希望の方は必ずこちらまでご連絡ください。

Comments are closed.

Top